葉の上にあるカプセル

カンジダは性病の1つとして紹介されることが多いので、性行為が原因で感染してしまうものだと認識している人は少なくありません。たしかにコンドームを使用せずに行った性行為が原因で発症することもあるのですが、実は性行為以外の原因で発症してしまうことの方が多いと言えます。他の性感染症と違って、この病気は体内に存在する常在菌によって自己感染を引き起こす病気なので、性行為以外で発症してしまうことが多いという事実を理解しておきましょう。

免疫力の低下による自己感染で発症することが多い

性行為よりも免疫力の低下による自己感染で発症することが多い病気なので、カンジダになったからといって絶対に性行為が原因だと決めつけてしまってはいけません。特に女性の陰部や膣内に感染が起こる場合は免疫力の低下が理由であることが多いので、知らず知らずのうちに性行為で感染してしまったと焦ってしまう必要はないでしょう。自分には心当たりがないのに性病を発症してしまうと、パートナーが浮気をしていて性病をうつされたのではないか、他の人と性行為を行っていないのにパートナーから浮気を疑われるのではないかなどと不安になってしまう人が多いです。けれども、カンジダの場合は自己感染による発症がほとんどなので、相手や自分が他の人と性行為をしたからだと思わなくてよいと言えます。

具体的にどのようにして感染が起こるのかというと、人間の身体にはカンジダの原因となる真菌がもともと存在しているので、何かしらのきっかけでこの真菌が増殖してしまうと症状が出てくるようになります。体内にもともといる真菌は常在菌と表現することができますが、常在菌は直腸内や口内、女性の膣内に存在していることが多いものなので、こういった場所で自己感染を引き起こすことがあります。病気やホルモンバランスの乱れ、疲労の蓄積などによって免疫力が低下してしまうと、常在菌が異常に増殖し、そのせいでカンジダを発症することになるというわけです。常在菌は普段は体内で大人しくしているのですが、増殖してしまうと身体に悪い影響を及ぼすようになるので、カンジダ特有の症状があらわれるようになります。

免疫力が低下したときに体内の常在菌が増殖して発症するわけですが、この病気になってしまう原因は性行為ではなく自己感染であることが多いです。自己感染が多いので、性行為を行ったことがないような子供や、最近性行為を行っていないような大人でも感染することがあります。女性の膣内や陰部で感染が起こることが多いですが、男性の場合は直腸内や亀頭に発症するケースが多いので注意しておきましょう。特に真性包茎や仮性包茎の男性は、包皮の内側に汚れが貯まりやすく不衛生な環境が原因で病気を引き起こしやすいです。年齢や性別に関係なく自己感染を引き起こす恐れがあるので、どのような人であっても発症させないように心がけておきましょう。

カンジダは性行為以外の感染経路で発症することが多いのですが、感染していない相手と性行為をしても発症することがあることを知っておいてください。原因菌は性行為の刺激で活性化されることもあるので、通常であれば発症しなくても性行為を行ったことで刺激を受け、発症してしまうことがあるようです。相手が感染していない人であったとしても、性行為を行った際の刺激が体内の常在菌に伝わって増殖が起こることがあります。直接病原菌がうつってしまうことがはありませんが、性行為がきっかけで体内の常在菌が繁殖するという自己感染を引き起こすケースがあることも知っておきましょう。

このようにカンジダは免疫力の低下による自己感染で発症することが多いので、性病の1つだから性交渉だけが原因となって発症する病気だと思ってはいけません。これを勘違いしてしまうと、性交渉を行っていないから性病ではないと誤った判断をしてしまう可能性があります。病気や体調不良で免疫力が低下しているときや、ホルモンバランスの乱れや日々の不規則な生活習慣で体力が低下しているときは自己感染してしまう可能性が高いです。些細なきっかけでも発症してしまう可能性があるので、そうなることがないように普段から生活リズムを整えたり免疫力を低下させない行動をとることが大事だと言えます。常在菌の異常増殖を引き起こさないような生活を日頃から心がけておけば、性行為以外の感染経路である自己感染によるカンジダの発症を防ぐことができるはずです。